【体験談】未経験で大手給食会社の社員食堂に転職する方法

【体験談】未経験で大手給食会社の社員食堂に転職する方法

私は大学卒業後ドラッグストアで2年間正社員として務めた後、給食会社に転職しました。そして現在は社員食堂で管理栄養士として勤務しています。社員食堂といえば給食会社の中でも人気があり、大学在学中はほんの一握りしか内定がもらえず、私も全滅していました

そんな私がなぜ未経験ながら社員食堂に転職できたのか。
今回は未経験で大手給食会社の社員食堂に転職する方法を自身の経験からお伝えしていきます!

 

大手給食会社の社員食堂に転職を決めたきっかけ

私が転職を選んだ理由は大きく2つあります。
1つ目は、「管理栄養士としての経験を積みたい」と思ったことです。
ドラッグストアでは販売員をしていて、必要によっては軽い栄養相談をしていました。しかし、大学中に勉強した栄養管理や献立作成などはもちろんしておらず、給食会社に就職した友人の話や経験を聞くうちにそのような考えに至りました。
2つ目は、「土日祝日休みが欲しい」という点です。
ドラッグストアは年中無休。休みはシフト制で長期休みなどなかなか取れません。それをわかった上で就職をしたのですが、当時実家から出て一人暮らしをしていた私は、実家に帰れないことを寂しく思っていました。これらの理由で、転職を決意しました。

 

転職をする前に自分が何をしたいか見直す

転職を決めてからすぐに給食会社に入ろうと決めたわけではありません。病院の管理栄養士や、開発なども探していました。しかし、じっくりと自分がしたいことを見直したところ、私がしたいことは「健康な人にこれからもずっと健康でいられるお手伝いをしたい」ということでした。前職のドラッグストアでセルフメディケーションの推進をしてきたことも関係していると思います。じっくりと見直したからこそ、転職もスムーズに進めることができました。

 

転職活動を始めて感じた難しさ

見直した後は即行動です!私は「管理栄養士としての経験を積みたい」「土日祝日休みが欲しい」という転職を決めたきっかけをふまえて、給食会社の社員食堂に転職しようと思い、転職サイトで条件にあった職探しを始めました。
しかし、未経験で社会人経験2年目の私が応募できる案件は限られています。給料や条件を下げれば求人はたくさんありましたが、現状の生活水準を大幅に下げてまで転職をしたいわけでなかったので、そのような求人は応募しませんでした。そんな時に私は「転職エージェント」の存在を知ったのです。

 

転職エージェントの活用

求人から直接応募していると、自分に給料や手当などの条件をなかなか言いずらいですよね。
「転職エージェント」とは、人材紹介サービスの1つで、求職者の悩みや要望を代わりに企業に伝えたり、様々なサポートをしてくれるとても頼もしいものです。
私は「管理栄養士としての経験を積みたい」「土日祝日休みが欲しい」という要望の他に、「今の給料を大幅に下げたくない」という要望がありました。そして給食会社と言っても勤務先は「社員食堂」に絞っていたので、未経験で転職をする私が最初からガツガツ言っていたら、企業側にいい印象を与えず、最悪の場合書類選考で落ちていたでしょう。しかし、「転職エージェント」の方のサポートもあり、面接まで行くことができました。

 

面接は自身のやる気と誠意を見せる

面接は言いずらい条件を「転職エージェント」の方が企業側に伝えてくれています。企業側はその条件をふまえた上で面接の機会を設けてくれているので、あとは自身のやる気と誠意を見せるだけです!

「就職後自分は何ができるのか」「どのように会社に貢献をすることができるのか」を具体的に伝えましょう。
私の場合、ドラッグストアでのセルフメディケーションの推進や栄養相談会もしていた経験を元に、大学は公衆栄養学を専攻したことや、健康な人に対してのアプローチをしていきたいと伝えました。
その結果、私はこれまでの経験と誠意を評価していただき、給料は前職よりも上がり、社員食堂の管理栄養士として働けることになりました!

 

未経験から給食業界への転職を不安に思われている方

「新卒でもない未経験でも会社は欲しいと思っているの?」と不安に思っている方も多いでしょう。
転職するまで私もそう思っていました。しかし、現代の死因の原因は生活習慣病の悪化による病気が多くを占めています。そのため、多くの一般企業が従業員に対して福利厚生などで健康へのアプローチを行なっています。
そんな場面に食のエキスパートである私たちが必要となってきます。さらに、既卒の私たちには社会人を経験したという大きな財産があります。
実際に私が転職する際も、社会人経験は面接での自己PRとして十分有効でした。「新卒でもない未経験でも会社は欲しいと思っているの?」ではなく「社会人を経験した私だからこそ、できることは多いはず!」と思ってください!

 

本記事のまとめ

今回は未経験で大手給食会社の社員食堂に転職する方法を自身の経験からお伝えしました。
転職は自分のこれまでの環境を変えるもので、とても不安になりますよね。私は幸いにもご縁があり、現在は大手企業の社員食堂で管理栄養士として献立作成や責任者をしています。欲しかった土日祝日休みも取れています。
転職時は「本当に転職して良いのか」「このままドラッグストアで働いたほうが良いのではないのか」など思いましたが、今は「転職してよかった!!」と心から思えます。この記事が転職を考えている方のお力になれば幸いです。
本記事を最後まで見ていただきありがとうございました。

体験談カテゴリの最新記事

各地の栄養士ナビ